ボールド ヒルズ ワインへようこそ

現在までの歩み

 1997年、前オーナーであるハント夫妻はセントラルオタゴのバンノックバーンにある「ボールド ヒルズ(草木の生え ていない丘)」と呼ばれる、冷涼産地に適したワイン用ブドウを栽培するのに理想的な土地に出会いました。ブドウをこの素晴らしい土地に植えたことからボールド ヒルズの物語が始まったのです。
 2003年にファーストヴィンテージをリリースした後、2007年に世界的なワインコンクールで複数の賞を受賞したことで、セントラル・オタゴでも有数のワインとして知られるようになりました。
 2015年、ハント夫妻が引退したことをきっかけに、横浜に拠点を構える三田ホールディングズが畑を引継ぎました。この年に採れたブドウで作った『シングルヴィンヤード ピノ・ノワール2015』は、「シドニー インターナショナル ワイン コンペティション」で最優秀ワイントロフィーを含む3冠を獲得。その後もIWCやDWWAなどの世界的なコンクールで 高評価を受けこれまでと変わらぬ高品質なワインであることを証明し続けています。
 2018年にサステイナブル(SWNZ)の認証を取得。現在はオーガニックの認証を受けるために、畑の管理方法 をオーガニック仕様に移行し、さらなる高みを目指して日々の栽培・醸造を行っています。

ワイン熟成庫で樽が並んで貯蔵されている画像

心をこめたワインづくり

 化学薬品・肥料を使用しない有機農法を取り入れ、上質なブドウ栽培に心をくだき、一房ずつ丁寧に手摘みして作られたワインはバンノックバーン地方のテロワールを真に表現しています。
 醸造は、24時間発酵管理を行えるように温度制御できるタンク、温度・湿度管理のできる貯蔵庫など、最新設備を備えた醸造所で発酵・熟成させています。特にボールド ヒルズを代表するピノ・ノワールは、新旧両方のフレンチオークの樽を用いて、丹精込めて熟成させることによって上品で繊細なワインに仕上がります。

評論家のレビュー

【 ロゼ 2019 Friends and Lovers (93 Points) 】 若々しく熟れたライトレッドチェリーとストロベリー、バラとレッドアップル、ピーチティー、 ほんのり赤いカリンの非常に魅力的な香りを感じることが出来ます。全てのロゼワインは、ジューシーで厚みのあるテクスチャー、熟した淡い赤い果実の味わい、あらゆる要素が加わり特別なワインとなっている。前述のピーチティーやマルメロ、素晴らしい酸が骨格をなし、続けて次のひと口を飲みたくなるような余韻を感じさせる。

Cameron Douglas MS

camdouglasms.com

【 ピノ・ノワール2016 】 非常に優雅に熟成し、芳香のある深いルビーのエレガントな赤ワインは、手摘みされたブドウで、フレンチオークの樽で1年間熟成されています(新樽33%)。 熟したチェリー、プラム、スパイスのフレーバー、ナッツのような香りの複雑さ、フレッシュな酸味、優れたタンニンが骨格となり、フルボディで力強くフルーティーな味わい。

Michael Cooper

michaelcooper.co.nz

【 リースリング 2017 Last Light 】 しっかりとしたオレンジの香り、レモンの皮、リンゴ、微かなトースト香を感じる魅力的なワインです。 味わいは、繊細な甘さとさわやかな酸味によってバランスよく支えられ、素晴らしい果実味の強さを感じることができます。中辛口の仕上がり。

Sam Kim, Wine Orbit

wineorbit.co.nz

新着情報

2022年10月3日

「Nile’s Nile」9月号掲載のご案内

9月29日発行の会員向け情報誌「Nile’s Nile」2022年10月号にて、 Bald Hillsワインが掲載されました。 詳しくはWebサイト「世界最南端のワイン | NILE’S CODE DIGITAL」をご覧ください。 h...

2022年9月20日

伊勢丹新宿店ワインプロモーションのご案内

10月5日(水)~10月10日(月)まで伊勢丹新宿店本館地下1階グランドカーヴにて催されるワインプロモーションにて、BALD HILLSのワインを販売します。 新型コロナウィルス感染拡大防止対策の為、試飲をしていただくことはできません...

2022年8月9日

「ワイン王国」2022年9月号 Bald Hillsワイン掲載のご案内

8月5日発売の「ワイン王国」2022年9月号にて、Bald Hillsシングル ヴィンヤードピノ・ノワール2017年が掲載(P.119)されました。「溢れるエネルギーオーガニックワインに開眼!」というテーマでワインディレクターの田邉公...

2022年6月30日

「ワイン王国」2022年7月号 Bald Hillsワイン掲載のご案内

6月3日発売の「ワイン王国」2022年7月号にて、Bald Hillsワインが掲載(P.95)されました。フランス料理「レストラン アピシウス」シェフソムリエの情野博之氏により、Bald Hillsのピノ・ノワール、ロゼ、リースリング...
ボールドヒルズの畑の中を駆け回る犬とゲイリーの画像

私たちはSWNZの認定メンバーであることを誇りに思います。

セラードアのご案内

 Cargo Brewery社と提携して、ギブストンバレーにあるセラードアでボールド ヒルズ ワインをクラフトビールと一緒にご案内しています。
 日本からクイーンズタウンに訪問される際には、セラードアとタップルームにぜひお越しください。

CARGO BREWERY AND BALD HILLS CELLAR DOOR
2323 Church Lane, Gibbston Valley, Queenstown 9371

月曜日-日曜日:夏季11時-17時、冬季12時-17時
(ワインとビールの試飲、ランチの提供)

セラードアの外観
メニューを閉じる

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

年齢確認

お酒に関する内容が含まれておりますので、
20歳未満の方はご利用いただけません。
お客様は20歳以上ですか?

サイト内検索

カートの中は空です。
お買い物を続ける